お金が返せない!住宅ローンを抱えている場合の債務整理の方法

借金でお困りの方の中には、自宅の住宅ローンを抱えていたところ給与やボーナスが減って支払が厳しくなり、消費者金融から借入をするようになった、というような事情で借金が増えてしまった方も少なくないと思います。
自宅という不動産を持ち、住宅ローンを含めた多額の借金を抱えてしまった場合、どのような方法による債務整理があるのでしょうか。
この場合、以下のとおり3つの債務整理の方法があります。
・破産申立手続
裁判所へ破産申立をする方法です。破産申立をして免責を受けることができれば、借金を返済する義務が免除されます。しかしながら、自宅不動産は売却しなくてはなりませんので、自宅は手放しても構わないという方であれば破産申立という手続を取り得ます。
・住宅資金特別条項付個人再生申立手続
裁判所へ住宅資金特別条項付の個人再生申立をする方法です。住宅ローンは今までどおり払い続け、その他の借金について減額された金額を分割返済します。住宅ローンは全額返済しますので、自宅を手放す必要はありません。この特別条項付の個人再生申立をするには、自宅が居住用であること、住宅ローン以外の抵当権がついていないこと等いくつかの条件が存在しますが、自宅を手放したくないが借金全額を返済することは難しいといった方にとって借金を整理する方法となり得ます。
・任意整理
破産申立や個人再生申立とは異なり、裁判所を介さずに、借入先と交渉をして和解をする方法です。住宅ローンは全額返済しますので、自宅を手放す必要はありませんが、住宅ローン以外の借金も全額返済しなくてはいけません。しかしながら、住宅ローン以外の借金がそれ程多くはなく、毎月の返済額を減額できれば完済は可能といった場合には、裁判所を介しませんので手続としては簡易となります。また、弁護士等に相談をしてから和解・返済に至るまで数ヶ月を要し、その間は返済をする必要がありませんので、その数ヶ月の間に住宅ローンの返済を正常に戻して再建することが出来る可能性もあります。
以上のとおり、住宅ローンを抱えていて、自宅には住み続けたいといった場合にも、債務整理をすることは出来ます。
まずはご自分で住宅ローン金融機関にリスケジュールを相談してみて、うまく進まなかった場合には、一度弁護士などの法律家に自分の事情に合った債務整理の方法を相談してみて下さい。