250万円の借金を完済出来た理由とお金との向き合い方

250万円の借金を完済出来た理由

借金をした事はありますか?
そんはずではなかった私も気がつけば借金で首が回らない状況になっていました。
本当にきっかけは簡単で今思うと断ればいい話だったんですけどね。
借金をする人にはいっぱい理由やきっかけがあると思います。
親戚や家族、大切な人がお金に困っていて肩代わりで借金する人。
自分の甘さから余計な借金をする人。
私は完全に後者です。なぜなら借金総額250万になったきっかけは10万円のキャッシングがスタートです。

okane
理由は冬だったのでコートが欲しかったからです。
コートは他にも持っていました。完全に欲しくなった物欲を止めることが出来なかっただけでした。
いつから自分がこんなに我慢が出来ない人になったのか本当に恥ずかしいです。
それから何か欲しいものがある時はお金が手元になくてもキャッシングやクレジットカードでリボ払いにすればいいやと楽観的に考えていました。完全に金銭感覚が麻痺していました。
だって手元にお金がないのに借金して物欲を満たしていますからね、本当にどうかしていたと思います。
その頃の自分は手取りの給与が19万円で借金の毎月の返済額が12万円でしたのでかなりきびしい生活でした。
年齢も28歳だったので危機感は常にありましたし、30歳なる前には完済したいと思っていました。
もちろん結婚なんてしておらず、むしろ借金の事を考えると彼女すら出来ずにいました。
生活が苦しくて返済しては、また借りてを繰り返していたので全然借金が減りませんでした。
限度額いっぱいに借りる事が普通の感覚になっていました。
もう先が見えずに悩んでいたんですが、いい出会いがありました。
不思議なもので本気で取り組むと借金も完済出来るものです。
私の場合は彼女になる女性との出会いでした。友人の紹介で知り合いましたが本当に明るくてボジティブな人でした。

okanenai
初対面でお互い気が合い仲良くなりました。
好きになりかけたのですが、借金の事があったので完済してからにしようと思っていました。
しかし、彼女からの猛アプローチがあり、正直に借金の事を話した上で付き合いました。
本当に彼女には救われました。なにより励まされ事が心の支えになりました。
本業と副業2つの仕事をして何とか2年で借金を完済する事が出来ました。
彼女の前向きな関わりのおかげで借金生活にピリオドを打つことが出来ました。
借金を通して学んだ事はお金がなくなり生活が維持できなくなると心まで荒んでいきます。全ての原因は自分にある事、自分が変われば借金は解決できます。
私はいい出会いがあり支えられて解決出来ました。
諦めずに借金と向き合ってください。必ず解決していい日々を迎えられます。

即日でお金の借り入れができるキャッシングのメリット

生活をしていると誰もが一度は急な出費で困ってしまったことがあると思います。こうした時に十分な貯金があるという方や、親や親戚から一時的にお金の借り入れができるという方であれば良いのですが、都合よくお金の用意ができるという方ばかりではないというのが現実であると思います。

こうしたお金の緊急時に際しては、即日融資が可能なキャッシングを利用するというのも賢い選択肢の一つになってくると思います。キャッシングからの融資というと高金利で返済が大変だというイメージを持っている方もいらっしゃいますが、短期間の借り入れであれば実質的な金利負担は少額になってきますので返済時の負担も少なくすることができるメリットもあるのです。

日本人の性格上、キャッシングからの借り入れは「借金」ということでマイナスのイメージを持っている方もいますが、上手に活用することで生活にゆとりを持たせることが可能になってきますし、計画的に利用している範囲の借り入れであれば、返済トラブルになることはほとんどないので安心して利用することができるのです。

さらに、最近ですとキャッシングの融資サービスも非常に充実するようになってきており、特にすぐに融資をしてもらえる即日融資に関しては多くの方が利用されるものとなっています。即日融資に関してはウェブ申し込みを受け付けて
いるところも多くなっておりますので、外出中の急な出費であってもスマートフォン一台あればすぐに融資の申し込みができるというメリットも持っているのです。

okanekasegi

また、街中でよく見かけるような無人契約機でも即日融資が可能になっているキャッシングサービスもありますので、ウェブ環境がないという方でも無人契約機まで行けばすぐに即日融資の申し込みができるという利点があります。無人契約機ですとカードも即日発行可能になっている場所が多いので初めて利用されるという方でもすぐに契約をして、そのまま提携のコンビニATMでお金を引き出すということもできるのです。

お金に関しては突然必要になるということもありますので、急な出費などの万が一に備えてすぐにお金を借りることができる即日融資キャッシングを、比較サイトや口コミサイトで事前に調べておくというのもお勧めです。日常生活でお

金が不足してしまうと焦ってしまうことがありますが、即日融資などですぐにお金を用意できるようにしておくことで余裕のある人生計画を立てるということも可能になるのです。

お金が少なければ増やす事を考えるのも良い

あなたは今の給料に満足をしていますか?もし満足していないのであれば、あといくら増えれば満足するでしょうか?今より10%?50%?2倍?それともそれ以上でしょうか?私も正直、今の給料には満足していません。あと2倍は欲しいと思います。

ところで、あなたが欲しいと思う給料の金額は、今のまま会社で働いていて実現すると思いますか?私は今の会社で働いていては無理だと思いました。そこで私は考えました。何か給料を増やす方法はないかと。

転職、起業などが思い浮かびましたが、転職してもせいぜい今の給料よりも少しぐらいか上がりませんし、転職できない可能性もあります。起業の場合は転職よりもずっとリスクがあります。そこで、リスクなく給料を増やす方法を探しました。

そして、私は今の会社を辞めずに給料を増やす方法を見つけました。

それはお金ジャパンで見つけたネット副業です。ネット副業とは、インターネットを使った副業です。ネット副業の特徴は空いた時間にできること、家でできること、始めるのにお金がかからないことがあげられます。これなら、会社から帰った後や週末にお金を稼ぐことができますね。会社でもらう給料を1万円増やすのは難しいことですし、出世したりと何年も時間かかかりますが、ネット副業なら始めたその月から稼げてしまいます。

ネット副業とひとえに言ってもいろいろあります。代表的なものを上げると、アフィリエイト、オークション、輸入、せどり、情報起業、チャットレディー、クラウドソーシングです。中には怪しいものや素人には難しいものがあります。そこで、私がおすすめするのは、クラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは、ネット上で仕事を発注したり請け負ったりします。よくわからないと思いますので、例を挙げて説明しますね。例えば、ある人がネット上でホームページを制作してくれる人を募集しているとします。それをあなたが彼にコンタクトを取って、彼からホームページ制作の仕事を請け負います。

しかし、これではこんな疑問が浮かんできますよね?「仕事を発注している人はどうやって見つけるのか?」、「私にはPCスキルなんてないから、ホームページ制作みたいな仕事なんてできない。」などなど。ご安心ください。

世の中には、仕事の発注者が集まるクラウドソーシングサイトがあります。代表的なのは、ランサーズ、クラウドワークス、@SOHOなどです。そこに登録します。すると、募集している仕事を見ることができるので、後はあなたがやりたい仕事に応募するだけです。

また、クラウドソーシングはPC関係の仕事ばかりだと思うかもしれませんが、データ入力、文字起こし、ブログ記事の執筆などの文字をタイプできればできる仕事がたくさんありますし、他には翻訳、電話対応などの事務、コンサルティングなどのPC以外の仕事もあります。

クラウドソーシングであなたができる仕事を探して、上がらない会社の給料分をネット副業で稼いじゃいましょう。

お金がなさすぎてやばい時は副業!月に1万5千円を稼ごう!

現代の不景気、いつ自分の会社が潰れるかわかりませんです。そんな不安を消すものが『副業』です。私はインターネットで副業をしてお金を稼いでいます。
今回はインターネットで月2万円稼ぐ方法をお伝えしていきます。これは誰でも月2万円なら稼ぐことが可能です。

・クラウドソーシングで月1万5千円稼ぐ。
5月に1ヶ月だけクラウドソーシングをやってみました。私は初心者です。全くの知識がない状態でスタートして一ヶ月で1万5千円を稼ぐことができました。
やったことは、主にタスクのライティング作業です。一生懸命書いたおかげで、まとまった案件を10件もらえることができました。プロジェクト案件は1件のみです。
ほぼタスクでも月に1万5千円まで稼ぐことができました。
作業時間は1日1.5時間です。朝早く起きて仕事の前に少し作業をするということを毎日やっていました(土日は除く)
これで稼げますので、誰でもクラウドソーシングで1万5千円なら稼ぐことはできます。

・ブログを続ける。
2つ目がブログを始めます。ブログを毎日1記事書くのです。100記事ほど記事が貯まってくると月に3000円ほどの収益を生み出すことができるようになります。センスのいい人だと10万円くらい稼ぐことができるできます。
そのまま1年書き続ければ、おそらく月に1万円は到達できると思います。まずは月に10万PVを目指してください。
アドセンスを使用していれば、1万円は稼げます。その他アフィリエイトも併用していくともっと稼ぐことができるようになります。
私は現在50000PVで収益が1万円に到達しました。かかった期間は半年です。

・ココナラ、BASE
何か特技がある人は、ココナラとBASEで自分のスキルを売ってみましょう。ブログが軌道に乗っていれば『広告記事書きます』というサービスで、月に数千円稼げます。
現状、私は一週間で2000円ほど稼げました。

これらを駆使していけば1万5千円はかるく稼げます。上手くいけば5万円くらいは稼げると思いますので、副業として成り立ちます。

この3つの共通点は基本的にパソコン一台でどこでも仕事ができるという点です。この身軽さが副業に向いています。

ぜひ、みなさんもチャレンジしてみてください。

いい借金と悪い借金。大事なのはお金のどこを見ているか

借金。この短い言葉に、あなたはどんなイメージを持っているでしょうか。「キャッシュフロー管理の出来ない、最低なもの」主婦の方であればそう言うかもしれません。「人からの信頼を奪うもの」会社員の方はそう思うかもしれません。しかしとあるビジネスオーナーであれば、「どんな新しい事業に取り組んでいけるだろうか。その可能性は?」と逆に言葉にワクワクするかもしれません。
ここではあくまで私のこの「借金」という言葉に対する見解を書きますが、結論は借金が良いか悪いか、その認識は人それぞれだと思います。私自身、フリーターをしながらバンドを目指していた時期がありました。その頃はバイトを掛け持ちことしていましたが、本当にキャッシュフローがきつく、複数の消費者金融やカードローンを利用してキャッシングをしていました。このときの借りた理由は「日常生活を回すため。」つまり消費のためにお金を借りていたのです。この借金はあまりよくありません。原則資本主義であれば事業運営していく以外において今使うお金は今支払いをすますべきだと思います。しかしこの頃の私は将来大きく資金として帰ってくるのかどうかも解らないバンド活動をするために借金をしていたのです。キャッシングには大きな金利が伴います。複数の業者を使って借金で借金を返すような状態になると、永遠に元本が返せずに借金地獄に苦しむこととなります。
結論私はサラリーマンとなり、定期的な収入を得るようになってからキャッシングの借金は返済をしましたが、個人のキャッシングが気をつけなければならないのはこの点です。
逆に、銀行が融資を行うというのは事業主からすれば会社や事業という単位になるもののお金を借りるという原理で言えばキャッシングと一緒です。では何が違うのか。借りたお金でもって事業者は事業を行う、ビジネスを行ってお金を稼ぐためにお金を借りるのです。ここが個人のただの消費のためのキャッシングとは大きく異なります。かたや今の消費のための借金。かたや将来の大きな収入のための借金。実は借金は借りるときに「どこを見て借金をしているのか」が非常に大事だと思います。
最近は銀行の融資の広告のみならず、個人に対するカードローンやキャッシングの広告をよく目にするようになりました。日本国民総借金時代とも言えます。社会人のみならず「内定ローン」という名のもとついに学生にまでこのビジネスの手が伸びていっていることに私は一種の危機感も感じますが、いずれにせよお金を借りること自体ではなく、どうして借りるのか、その借りたお金はどこへ行くのかはあなたが「どこを見ているか」にかかっています。
ぜひ、行うなら健全な借金をして、最高の人生をつくっていきましょう!

お金が返せない!住宅ローンを抱えている場合の債務整理の方法

借金でお困りの方の中には、自宅の住宅ローンを抱えていたところ給与やボーナスが減って支払が厳しくなり、消費者金融から借入をするようになった、というような事情で借金が増えてしまった方も少なくないと思います。
自宅という不動産を持ち、住宅ローンを含めた多額の借金を抱えてしまった場合、どのような方法による債務整理があるのでしょうか。
この場合、以下のとおり3つの債務整理の方法があります。
・破産申立手続
裁判所へ破産申立をする方法です。破産申立をして免責を受けることができれば、借金を返済する義務が免除されます。しかしながら、自宅不動産は売却しなくてはなりませんので、自宅は手放しても構わないという方であれば破産申立という手続を取り得ます。
・住宅資金特別条項付個人再生申立手続
裁判所へ住宅資金特別条項付の個人再生申立をする方法です。住宅ローンは今までどおり払い続け、その他の借金について減額された金額を分割返済します。住宅ローンは全額返済しますので、自宅を手放す必要はありません。この特別条項付の個人再生申立をするには、自宅が居住用であること、住宅ローン以外の抵当権がついていないこと等いくつかの条件が存在しますが、自宅を手放したくないが借金全額を返済することは難しいといった方にとって借金を整理する方法となり得ます。
・任意整理
破産申立や個人再生申立とは異なり、裁判所を介さずに、借入先と交渉をして和解をする方法です。住宅ローンは全額返済しますので、自宅を手放す必要はありませんが、住宅ローン以外の借金も全額返済しなくてはいけません。しかしながら、住宅ローン以外の借金がそれ程多くはなく、毎月の返済額を減額できれば完済は可能といった場合には、裁判所を介しませんので手続としては簡易となります。また、弁護士等に相談をしてから和解・返済に至るまで数ヶ月を要し、その間は返済をする必要がありませんので、その数ヶ月の間に住宅ローンの返済を正常に戻して再建することが出来る可能性もあります。
以上のとおり、住宅ローンを抱えていて、自宅には住み続けたいといった場合にも、債務整理をすることは出来ます。
まずはご自分で住宅ローン金融機関にリスケジュールを相談してみて、うまく進まなかった場合には、一度弁護士などの法律家に自分の事情に合った債務整理の方法を相談してみて下さい。

キャバクラにはまってお金を借金してしまった社長の話

私の勤める会社は5人程度の小規模の会社です。それでも人並みの生活ができるぐらいの給料がもらえていたのですが、残念ながら今年の春に倒産してしまいました。というのも社長が遊びを覚えてしまい、つぎ込んでしまったのです。もともとまじめで仕事しかしらず、遊びといっても夜な夜なバーで飲むぐらいしか趣味の無かった社長だったのですが、どうしてもお客さんを接待する必要があり、どこへ行けばいいのかわからず、行きつけのバーテンに相談したところ、キャバクラを紹介されました。それが間違いの始まりだったのです。当日は私は行かなかったのですが、お客さんはもちろん社長もかなり楽しかったようで、翌週から毎週のように仕事が終わってから出かけるようになってしまいました。それでも2、3時間飲む程度だったのですが、残念ながら最初だけだったようです。絵に描いたようにキャバクラに嵌ってしまうダメ人間のような感じで、週に1回だったのが2回になり、指名も入れるようになってしまったのです。指名をいれるようになり、特定の女の子に入れあげるようになるとますます頻繁に通うようになり、しかもアフターや同伴もするようになりました。何度か一緒に行くことがあったのですが、もうベタベタというか完全に惚れこんで、しかもお金があるカッコいい紳士のような振る舞いをしているのです。その姿を見てかなり不安になった私ですが、もちろん私の言うことなんて聞くはずはありませんし、私もさすがに社長に忠告する気にはなれません。次第に仕事にも影響が出るようになり、どんどんと会社に出てこなくなってきました。少し経理も見ていた私ですが、会社の業績がどんどんと悪くなってきましたが、それ以上に経費や交際費が上がってきたので経営を圧迫するようになりました。借金も銀行からしてようやく給料が払えるような状態でしたが、段々と雲行きが怪しくなり、不審なところからもお金を借りるようになってきたのです。ある日ぽろっと社長が話をしていたのを聞かされたのは、店の女の子に現金を200万円渡したとのこと。両親が病気で苦労してるらしい、本人も頑張ってる、とりあえず今お金が必要だ。どこかで聞いたことのある、完全に騙されるパターンなのに、社長は全く周りが見えておらず借金をしてそのお金を作って渡してしまったようです。そのころからさらに会社は急速に経営が悪化し、ついに私を含めた全社員が解雇となりました。それから多額の借金をかかえた社長ですが、どうなったのかは知りません。